あなたのできる車の売却対策のすべてがココに

車買取の業者が発行する書類で確認すべき2つの点

車買取の業者とやり取りをする際には、書類は非常に大事な意味があると思います。
それは顧客が提出する書類もそうですが、
業者が発行する書類もかなり大事な意味合いがあると思うのです。

 

その1つは、契約書です。

 

契約書は、本当に大事だと思います。
というのも、車買取ではたまにトラブルなどが
発生しているそうなのです。

 

査定時には45万円と提示されていたものの、
後日になったら再度の査定が
行われて30万円台にダウンしてしまった事例も有るそうです。
車を売却する顧客としては、それは避けたいものです。
このため車買取の業者が提示する書類は、よく読んでおいた方が良いです。

 

上記のように45万円が30万円台にダウンしたのは、
いわゆる二重査定のシステムによるものです。
ですので書類で二重査定に関する記載はどうなっているのか、
きちんと確認をした方が良いでしょう。

 

ちなみに業者によっては、二重査定の記載は
かなり小さい字で書かれている事があるそうです。
それを見落とすのを防ぐためにも、二重査定に関する事は
書類のどこに書かれているかを業者に確認するのも一法かと思います。

 

それともう1つは、キャンセル料金です。

 

上記の二重査定に納得ができなかったので、
キャンセルをしたいとします。
そのような場合、業者によっては違約金が発生する事も
あるそうです。
違約金も顧客としては困りますね。

 

ですので契約書を確認して、違約金に関するルールは
どのようになっているかも必ず確認しておいた方が良いでしょう。

 

最低でも上記の二重査定と違約金の2つだけは、確認するべきだと思います。
小さい字で書かれている事も有るそうなので、注意深く書類を見るようにしたいものです。
車買取では大きなお金が動くだけに、書類は手間をかけて読む方が良いと思います。

出典:【ヴェルファイア買取】失敗せずに高値で売り切る法則

 

中古車店による買取り手続きでは、たまに名義変更に関するトラブルが発生しています。というのも中古車店が、お店の名義にしていない事があるのです。トラブル防止の為に、買取り手続きではまずお店の名義に必ず変更してもらう事が必要になります。

 

名義変更が中途半端になっている時に事故が発生するトラブル

 

どういう事かと申しますと、まず買取店Cで買われた車は旧オーナーのAさんから新オーナーのBさんに渡るはずですね。もちろんその際の名義は、AさんからBさんになる筈なのです。
ところがお店Cが、Aさんの名義変更を速やかに行っていない事があります。つまりAさんの名義のまま車を利用していて、C店の従業員の方が事故を起こしてしまう事があるのですね。その際には、もちろん自動車事故の責任問題はAさんに帰属してしまいます。Aさんとしては全く関係ない自動車事故で責任を追及されてしまうので、大変困りますね。

 

旧オーナーの名義から必ずお店名義に変えてもらう

 

このためAさんから買った車は、必ずC店の名義に変更してもらう必要があります。それもできるだけ、速やかにそれを行ってもらう必要があるでしょう。そうでないとC店による交通事故が、Aさんに降りかかってしまうからです。
ですのでAさんがC店に車の売却をする時には、必ず契約書を発行してもらうべきですね。どのような契約書かと申しますと、「Aさんの車は数日以内にC店の名義に変更します」という内容です。それをしっかり行っておかないと、本当に交通事故で責任問題を追求されてしまう可能性があります。
もちろん大手のお店であれば、そのC店への名義変更はきちんと行ってくれるのですが、買取手続きがよく分かっていないお店では会社への名義変更を中途半端にしている事があるのです。トラブルを防止するためにも、上記の契約書の発行は必ず行っておくべきでしょう。

続きを読む≫ 2015/05/28 18:41:28